思い出ボックス

思い出ボックス

3組の皆さん、こんにちは!

  • LINEで送る
7月20日の”26日会”のご報告が大変遅くなり申し訳ありません。ごめんね!
会には、暑い中、遠方からもご参加いただき、昔話に…
そして、チョッピリまじめに お仕事のお話にも花が咲きました。

千葉から来てくださった寺園さん。
はにかんだように口元に手を当てて「フフッ」と笑うしぐさはあの頃と変わらず、可愛くって素敵!

竹腰さんは横浜から。
相変わらずキュートな真美ちゃん。
ご自分では「4人の子どもの肝っ玉母さん」とおっしゃっていましたが、なんのなんの、スリムで少女のよう!

朝からテニスの大会があったにもかかわらず、試合後、駆けつけてくださった満保さん。
皆から「あの頃を思うと色白になったねえ…」と。
だって、あの頃は、今みたいに屋内コートなんてなかったもんね!

暑い中、あの池田の坂を歩いて登って来てくれた八木さん。
一緒にボールを追ったあの頃…。今も変わらず何でもテキパキ!文化祭で歌ったあの歌のワンフレーズを口ずさんでくれたね。
“なぜ~人~間は~”って…!

返信ハガキに、谷村君と田中君の情報を添えて下さった島田君。
ニッコリ微笑みながら、恥ずかしそうに肩を竦めてうなづくしぐさ…
懐かしかった。
ラグビー部、豊中では常に3位入賞…?だったよね!

奥様とお嬢さんとご一緒に参加してくださったのは佐原君。
ステキな奥様にはメロメロ…っていう感じ!
可愛いお嬢さんには、もっとメロメロなのでしょう!
湊先生は、ご家族同伴の参加がとても嬉しいご様子です。

浦上君は名古屋から来てくださいました。
髪に白いものがチラホラ…。
でも相変わらずいつも優しく微笑んでみんなを見てる…。
ミニ同窓会では、「ジャニーズ系、健在」との声も…。

そして、さいたまの菅野君、千葉の田頭さん、お電話でのご参加、ありがとうございました。
田頭さんには、夜遅くに、申し訳ありませんでした。

そうそう、電話といえば…連絡先不明になっていた忠津君!
なんと、湊先生がご住所をご存知で(幹事の連絡不行届き、すみません)、会の途中に電話でお呼び出しされてしまいました…。
突然ごめんなさい。嫌な顔ひとつせず、とんで来てくれてホントありがとう!
忠津君といえば”ギター”…で、文化祭では中心になって、みんなを引っぱってくれたよね!

そんなこんなで、おいしいお料理(満保さんの旦那様が、前日から準備してくださった”塩井”の味ですぞ!
豪華でしょ!
とってもおいしいの!(“塩井”のHP見てね!)をいただきながら、盛り上がったのが修学旅行の話。
“先生のお弁当は私たちのと違って二段重ねだった”とか、”男子は大部屋に煎餅布団、女子は4人部屋でベットにゆったり…”とか、”賢吾はバスガイドさんにホッ、ホッ、ホッ!だった”とか。
浦さんとガンタが先生のお宅の納戸から、寺園さんや竹腰さんや満保さんが当時整理してくださった”修学旅行のアルバム”を見つけてくれて、それを見ながら持ち上がったのが”修学旅行再現ツアー”なのです。
湊先生は「2年後にみんなで信州へ行くぞ!」と大ハッスル??!
はたして、30年前のあの楽しかった信州への旅は実現するのでしょうか?
話は尽きず、もっともっと、おしゃべりしていたかったのですが、続きは次回の”26日会”で…ということで……。

湊先生、奥様、大変お世話になり、ありがとうございました。
先生、”校長”という立場で色々と大変でしょうが、能勢の畑があなたを待っています。
野菜作り、頑張ってください。

奥様、先生のお世話は本当に大変だと思いますが、適当に…!
また、みんなで、おいしいお野菜をいただきに伺います。

その折にはよろしくお願いいたします。
ガンタ、ご苦労様でした。

次回クラスコーナーでは、3組の皆さんの近況報告を…と思っています。
すでに、メッセージも何通かいただいております。
ぜひぜひ、お便りください。

MAA
この記事の感想は?
  • いいやん! (0)
  • おもろいな! (0)
  • 普通やん (0)
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)